本文へスキップ

手のひらバレーを通して健康運動の普及をめざす NPO法人 手のひら健康バレー協会

手のひら健康バレー(立位編)

立って行う競技性の高い運動ですので、日頃から、ウォーキングや足腰を鍛えている人におすすめです。

特徴

  1. 6人が一つのチームになって、相手とラリーを楽しみながら得点を競い合います。
  2. 背丈の違いの優位性をなくすためのルールになっています。
  3. 背の低い人ができないプレーは基本的には禁止している。(前衛でのブロックなど)
  4. 6人対6人に分かれて、バレーボールと同じようにボールが落ちたら相手のポイントになる。
  5. 1セット11点マッチのラリーポイント制
  6. どちらかのチームが6点を取ったら、前衛と後衛が交代する。
  7. ボールは3回以内に返す。ただし、ネットにふれた時は最高4回までとする。
  8. ブロック、ジャンプは、禁止です。
  9. 前衛でのスナップをきかしたスパイクは反則です。バックアタックは良です。
  10. ボールは協会公認の30gのボールを使用する。
  11. 位置は固定です。ローテーションは行わない。
  12. サーブの位置はコート内に引いてあるアタックラインからおこなう。
  13. ネットの高さは1m80cm、コートの広さはバトミントンコートのダブルス

必要な用具

  1. 練習は運動のできる服装でよいでしょう。    
  2. 30gの協会公認ボール       
  3. 空気入れ
  4. 審判用の笛(ホイッスル)                  
  5. 体育館で行うため室内用の靴を用意する。
  6. バトミントン用のネット
  7. 補助支柱(ポールに差し込み、高さ180㎝ になるように調整する)
  8. 得点板を用意する。
  9. コートの設定 (バトミントンコートを使用)
  10. 公式競技には①番から⑥番までの指定されたゲームジャケットを用意する。
  11. ゲームジャケットの左むねの位置に手のひら健康バレーのマークを付けること。
     (手のひら健康バレーのマーク) 
  12. ユニホーム(指定のポロシャツ)は、ゲームジャケットの下に着用すること。   
  13. ユニホームの左むねの位置に手のひら健康バレーのマークを付けること。

ボールの取扱注意点

  1. 空気はボールの縫い目のラインに、しわがなくなる程度に入れる。
  2. 空気を入れるところには開閉弁があり、指で軽く押さえて、弁を開いてから空気を入れること。
  3. 空気が楽に入らないときは、弁が閉じていることが多い。(位置を変えましょう)
  4. 空気をパンパンに入れないこと。ボールが割れやすくなります。
  5. ボールは突起物に弱いので、爪等の引っ掻きに注意すること。
  6. 手のひらにきちんと当てて返球すること。

ゲームの進め方

  1. 試合前に②番の選手が、相手の②番の選手と握手をし、ジャンケンでサーブ権を選択する。
  2. 主審の吹笛により、①番のサーバーから順番にサーブを始める。
  3. ゲーム開始
  4. 1セット、11点先取で勝ちとなります。
  5. ゲーム終了後は、お互いの健闘をををたたえ全員で握手を行う。
  6. 順位を決める。(勝敗⇒ セット率⇒ 同率の場合は、対戦の勝ちチームを優先する)
  7. 大会はリーグ戦とする。予選、決勝もリーグ戦が望ましい。

ルール

  1. チーム構成は、監督、コーチ、マネージャーを含め15名以内とする。
  2. 1セット11点の1セットマッチのラリーポイント制
  3. サーブ順は①番から6番まで順番に行う。
  4. どちらかのチームが6点を取ったら、前衛(①番から③番)と後衛(④番から⑥番)が交代する。ただし、前衛、後衛が交代した後もサーブ順は変わらない。
  5. サーブは1本でアタックライン後方より打ち、アンダーハンドサーブ(下からのサーブ)のみとする。横でのサーブは反則とする。また、ネットインはなしとする。肘はなるべく腰から離さないで打つことが望ましい
  6. ボールは3回以内で相手コートへ返球する。(ネットに触れた場合、最高4回までとする。)
  7. ネットに触れた時は2回続けてプレーすることができる。また、その時のプレー回数は1回とする。
  8. ネットの使用はワンプレイ1回のみとし、2回目は反則とする。
  9. アタックラインを踏む、または超えてのスパイクは反則。アタックライン後方からのスパイクは可。但し、アンダーで相手に返球することは反則にはならない。
  10. アタックライン前での返球は、手首より上の返し(スナップ)は反則とする。但し、曲線を描くようなゆるいボールの返球は可とする。
  11. ブロックは不可とする。(ブロック、またはブロックに似た行為を行った場合、反則とする)
  12. ネットタッチ、センターラインを踏み越えて、相手に危険を及ぼす行為は反則とする。
  13. ユニホームは「手のひら健康バレー」のマーク付ポロシャツと番号入りのゲームジャケットを使用する。
  14. 公式試合のユニホームはマーク付のないものは不可とする。
  15. ジャケットの番号は①番から⑥番までとする。(その他の番号は不可とする。)
  16. ボールは30gの協会公認ボールを使用する。(その他のボールは使用不可とする。)
  17. メンバーチェンジは3回までできる。(最高、6人まで交代できる)
  18. 交代でベンチに戻った選手は、試合が終了するまで、再交代はできない。
  19. タイムアウトは1回のみ要求できる。(1回、30秒)
  20. 吹笛後のラリー中にメンバーチェンジやタイムアウトをとることはできない。
  21. 遅延行為の反則(審判等へのクレーム、サーブの遅延等)

ワンポイントアドバイス

  1. ボールを追って後ろに下がると、転倒の恐れがあります。
  2. 自分の目の前のボールだけ、とるようにしましょう。
  3. 後方のボールを取るときは軸足を決め、一歩、二歩のみ動くこと。
  4. それ以外のボールはとらないで、諦めるようにしましょう!


講習会および資料請求のお申し込み

競技を始める前には、安全のため、
必ず、講習を受講してください。


NPO法人
手のひら健康バレー協会

〒183-0046
東京都府中市西原町4-12-49

TEL 0120-48-1180
FAX 0120-48-1492

手のひら健康バレー協会 寄付
手のひら健康バレー協会 賛助会員