本文へスキップ

手のひらバレーを通して健康運動の普及をめざす NPO法人 手のひら健康バレー協会

ルールrule

椅子の座り方の注意点

  1. 4本足の椅子が望ましいが、折りたたみの椅子を使用する場合は、
    転倒することを防止するために、以下の注意点を厳守すること。
  2. パイプいすの場合は、必ず、前のパイプのところに片足をかけること。
  3. 足をかけないで、運動を行っていた人にはみんなで、注意をしましょう。



手のひら健康バレー 座位編

  1. 手のひらを使って、反対コートに1回で返します。(ネットにふれた時は、2回できます)
  2. 椅子から腰を浮かしたら反則になります。(危険防止のため)
  3. ボールを反対コートに返球する時、ボールをくれた人に返してはいけない。同じ人に返球すると減点になる。 (同じ人に返球すると減点になる)
  4. サーブは真ん中の人が行うこと。(2番か5番の方)
  5. 椅子から落ちるような激しい動作や危険な動作をした場合は、プレーを一時中断し、注意をする。
  6. 無理に肘を伸ばして、上のボールや横のボールを取ったら反則になります。
  7. 対抗戦競技は3セットマッチです。
  8. ギネス競技は1チームが連続7回、競技を行って、その中の最高回数を競い合います。
  9. 合計点を競うゲームではないので、1回~6回まで少なくても、7回目で多く出せば、その回数が、チームの記録になります。
  10. 2分間競技は一部、ルールが変わります。
  11. 時間内にネットを越えた数だけカウントする。
  12. 床に落ちなければ、何回、触ってもよい。(2分間ルールを適用)
  13. 床に落ちても、周りの人が拾って、競技を続ける。(2分間ルールを適用)
  14. 落ちた場合は、必ず、真ん中の選手(2番、5番)がサーブをすること。



手のひら健康バレー 立位編

  1. チーム構成は、監督、コーチ、マネージャーを含め15名以内とする。
  2. 1セット11点の1セットマッチのラリーポイント制
  3. サーブ順は①番から6番まで順番に行う。
  4. どちらかのチームが6点を取ったら、前衛(①番から③番)と後衛(④番から⑥番)が交代する。ただし、前衛、後衛が交代した後もサーブ順は変わらない。
  5. サーブは1本でアタックライン後方より打ち、アンダーハンドサーブ(下からのサーブ)のみとする。横でのサーブは反則とする。また、ネットインはなしとする。(肘はなるべく腰から離さないで打つことが望ましい)
  6. ボールは3回以内で相手コートへ返球する。(ネットに触れた場合、最高4回までとする。)
  7. ネットに触れた時は2回続けてプレーすることができる。また、その時のプレー回数は1回とする。
  8. ネットの使用はワンプレイ1回のみとし、2回目は反則とする。
  9. アタックラインを踏む、または超えてのスパイクは反則。アタックライン後方からのスパイクは可。但し、アンダーで相手に返球することは反則にはならない。
  10. アタックライン前での返球は、手首より上の返し(スナップ)は反則とする。但し、曲線を描くようなゆるいボールの返球は可とする。
  11. ブロックは不可とする。(ブロック、またはブロックに似た行為を行った場合も反則とする)
  12. ネットタッチ、センターラインを踏み越えて、相手に危険を及ぼす行為は反則とする。
  13. ユニホームは「手のひら健康バレー」のマーク付ポロシャツと番号入りのゲームジャケットを使用する。
  14. 公式試合のユニホームはマーク付のないものは不可とする。
  15. ジャケットの番号は①番から⑥番までとする。(その他の番号は不可とする。)
  16. ボールは30gの協会公認ボールを使用する。(その他のボールは使用不可とする。)
  17. メンバーチェンジは3回までできる。(最高、6人まで交代できる)
  18. 交代でベンチに戻った選手は、試合が終了するまで、再交代はできない。
  19. タイムアウトは1回のみ要求できる。(1回、30秒)
  20. 吹笛後のラリー中にメンバーチェンジやタイムアウトをとることはできない。
  21. 遅延行為の反則(審判等へのクレーム、サーブの遅延等)

ルールブックのお申し込み

「用具のご注文」にてお願い致します。


NPO法人
手のひら健康バレー協会

〒183-0046
東京都府中市西原町4-12-49

TEL 0120-48-1180
FAX 0120-48-1492

手のひら健康バレー協会 寄付
手のひら健康バレー協会 賛助会員